オーナー向け利用規約

“JAM²”を運営する”6thMan株式会社“(以下「当社」という)は、当社に対して、楽器及びその付属品(以下総称して「本楽器」という)の賃貸または販売を希望する本楽器の個人の登録者または法人(以下総称して「オーナー」という。)に関する利用規約(以下「本規約」という)を、次の通り定めます。

<個人オーナー、法人オーナー共通>

<第1章 JAM²の目的>

第1条(本規約の適用)

  1. 本規約は、当社とオーナー間のJAM²に関わる一切の関係に適用されるものとします。本規約の内容を承認のうえ、JAM²にお申込みいただき、本規約の定めに従ってJAM²をご利用ください。
  2. 当社は、当社の判断おいてJAM²の目的の範囲内で本規約を変更します。当社は、変更後の本規約の内容を第5条の規定に従いオーナーに周知し、変更後の本規約は、かかる表示または通知の際に定める適用開始日より効力を生じるものとします。

第2条(JAM²の目的)

  1. JAM²は、オーナーが登録した本楽器を、当社を通じて利用及び演奏を目的としたレンタル希望者(以下「プレイヤー」という)へ本楽器を転貸(以下「本楽器のレンタル」という)し、その対価をプレイヤーへ請求し、得た利益を当社よりオーナーへ支払うための賃貸借契約を締結し、また、本楽器について、プレイヤーとオーナーの同意の上、売買契約を締結するための楽器シェアリングサービスです。オーナーとプレイヤー間の直接取引を提供するサービスではありません。
  2. オーナーが当社へ提供する特定の本楽器のことを、本規約では「当該本楽器」と呼称します。

第3条(JAM²における契約)

  1. オーナーは、本規約およびプライバシーポリシーに同意の上、ウェブサイト上にて必要事項を入力するなど当社所定の方法により、申込みをしていただきます。
  2. 当社は、前項に基づく申込みを受けた場合、当社所定の基準により審査を行った上で、当該申込みを適当と判断した場合にはJAM²の利用を承諾し、当社とオーナー間で本楽器に関する賃貸借契約及び売買契約を締結するものとみなします。
  3. オーナーとプレイヤー間でJAM²に関する直接契約はありません。

第4条(プライバシーポリシーへの同意)

  1. 当社は、本規約のほか、プライバシーポリシーに従ってオーナーの個人情報(氏名・住所、電話番号、メールアドレス等)を取り扱うものとします。
  2. 法人オーナーの場合、企業名、所在地、担当者氏名等を当社プライバシーポリシーに従い管理いたします。

  3. 当社は、本楽器のレンタルに関し、次の通り遵守します。
    ①個人オーナーへ、プレイヤーの個人情報を提供しません。但し、法人オーナーから本楽器を送付する場合には、プレイヤー住所を提供することがあります。
    ②プレイヤーへ、オーナーの個人情報(以下「オーナー情報」という)を提供しません。但し、JAM²に掲載する本楽器情報(楽器種類、楽器製造メーカー、製造番号等)を除く。
  4. 前項までにかかわらず、当社が関与・関知しない方法で、オーナー及びプレイヤーが相手方の個人情報を入手した場合、当社は一切の責任を負いません。

第5条(当社との連絡方法)

  1. 個人オーナーが当社への連絡または問い合わせをする場合、本サービス内のお問い合わせフォームまたは当社メールアドレスを利用するものとします。
  2. 当社は、オーナーへ連絡または通知がある場合、当社が適切と判断するオーナー情報を利用し、連絡します。

<第2章 JAM²の利用>

第6条(本楽器の登録)

  1. オーナー希望者は、当社に対して賃貸する本楽器情報及びオーナー情報を提供するものとします。
  2. オーナー希望者は、本楽器の使用上の注意・禁止事項がある場合には、前項に加えて当社に提供するものとします。なお、使用上の注意・禁止事項とは、具体的には、本楽器のレンタル中のライブ使用禁止等その他本楽器の扱いに関することをいう。
  3. オーナーより前項の各種情報を過不足なく受領後、当社よりオーナー希望者に対して、別途JAM²楽器明細書(以下「楽器明細書」という)を発行・通知します。オーナー希望者が楽器明細書の内容に同意する旨を当社へ連絡した後に、JAM²へ本楽器を登録します。
  4. 楽器明細書には、本楽器のレンタル使用料、本楽器の管理(メンテナンス・修理・補修作業等)、オーナーからの注意・禁止事項及び本楽器の販売その他当社が必要と定める事項を記載できるものとします。
  5. オーナーは、本楽器の登録にあたり、次に定める各号のいずれにも該当しない旨を表明するものとします。
    ①第18条第1項各号に定める禁止事項。
    ②本楽器のレンタルをする真の意思が無い楽器。

    ③メーカー、ブランド、型番等の本楽器の詳細情報を偽っている楽器。
    ④オーナーが所有権を有しない第三者の楽器。但し、オーナーが当該第三者より書面により委任を受けたことが明らかな場合は除く。
    ⑤質権、譲渡担保権、抵当権その他の約定担保権が設定されている楽器。
    ⑥留置権、先取特権、差押、仮差押、仮処分の対象となっている楽器。
    ⑦その他当社が不適当・不適切であると判断する楽器。
  6. 前項各号のいずれかに該当することが判明した場合、当社は、当該オーナー及び当該本楽器の登録を拒否または抹消します。なお、本楽器のレンタル後に判明した場合、当社からオーナーへのレンタル使用料の支払いを中止し、当社が被った損害をオーナーに請求します。

第7条(本楽器の送付及び受領通知)

  1. オーナーは、当社に対して当該本楽器を送付する場合、自らの責任と負担をもって、当社が指定する宛先へ送付するものとします。なお、当社への本楽器送付中に発生したいかなる問題にも当社は責任を負わないものとします。
  2. 当社は、前項に従いオーナーより受領した当該本楽器が、当社が定める基準を満たしていると判断した場合、速やかにオーナーへ受領通知を行います。但し、基準を満たしていないと当社が判断した当該本楽器については、速やかに当該オーナーに対して返送処理を行い、その旨を通知します。
  3. 当社は、当該本楽器の受領通知後に使用に支障をきたす欠陥を発見した場合、速やかに当該オーナーに対して返送処理を行い、その旨を通知します。

第8条(本楽器のレンタル)

  1. 当社は、プレイヤーから受領した商品代金等(決済事業者または収納代行業者から支払われる商品代金等に相当する金員を含む)をオーナーに対して引き渡す業務を、オーナーは同意し、当社へ委託するものとします。
  2. 本サイトにて当該本楽器に対して、プレイヤーより貸借する意向の申し出が行われ、プレイヤーが当該本楽器を受領した日付を本楽器のレンタル期間の開始日とします。

第9条(当社への本楽器のレンタル期間)

  1. 個人オーナーの場合、当社への本楽器のレンタル期間(以下「お預かり期間」という)は、原則無期限とします。但し、最低1年間は、オーナーは当該本楽器を当社に賃貸するものとします。なお、当該本楽器の輸送費(当社個人オーナー間の本楽器にかかる送料の合計)は、個人オーナー負担とします。
  2. 法人オーナーの場合、当社へのお預かり期間及び輸送費の負担は、当社と法人オーナー間で協議の上決定するものとします。

  3. オーナーからお預かりした当該本楽器は、プレイヤーへレンタルする際に、当社の負担で保険に加入します。

  4. お預かり期間は、当社とオーナー間で協議の上、短縮または延長できるものとします。

第10条(本楽器のレンタル使用料の支払)

  1. 当社が、オーナーに対して支払う本楽器のレンタル使用料は、プレイヤーへの本楽器のレンタルの事実をもって発生するものとし、オーナーが当社へ申請する銀行口座またはゆうちょ口座への振込で支払うものとします。
    なお、振込手数料等オーナーへの支払いに必要な費用は、オーナーの負担とします。
  2. レンタル使用料の振込時期は、当該本楽器を当社がプレイヤーより返却なされたレンタル期間終了月の翌月末までに当社よりオーナーへ全額を支払うものとします。
  3. 当社は、レンタル使用料を当社が定めたレンタル使用料査定マニュアルに則って算出し、参考例をJAM²に掲示し、オーナーに提供するものとします。

第11条(本楽器の販売)

  1. オーナーは、当該本楽器の販売を希望する場合、オーナー登録時/お預かり期間中に当社に対してその旨を表明するものとし、販売価格を設定した上で、JAM²を利用してプレイヤーへ当該本楽器の売却できるものとします。
  2. 販売価格は、オーナーが決定するものとし、当社が楽器明細書に記載した上でオーナーへ確認を取るものとします。
  3. 販売価格の支払は、プレイヤーへの売却の事実をもって発生するものとし、販売価格から本サービス利用料(販売価格の10%相当額)を除いた料金を、前条の規定に従い当社からオーナーへ支払うものとします。

第12条(本楽器の管理)

  1. 当社は、善良な管理者の注意をもって、本楽器を管理します。また本楽器が他の楽器等と混同することを避けるため、保管上及び帳簿上区別します。
  2. 当社は、原則として本楽器の保有中にオーナーの承諾を得ることなく、本楽器の使用できる状態を保つことを目的として消耗品の交換等のメンテナンス、補修及び修理作業(以下総称して「メンテナンス作業」という)を当社の負担で実施します。但し、オーナーから事前の要望があった場合、メンテナンス作業の範囲を制限または実施しないものとします。
  3. 当社が行うメンテナンス作業は、楽器明細書に記載する事項を実施します。楽器明細書に記載のない事項のメンテナンス作業及び本楽器の性能を変更する改造は、オーナーの要望があった場合であっても実施しません。

第13条(本楽器の返送)

  1. 当社は、オーナーからの当該本楽器の返却希望に速やかに対応します。
    なお、当該本楽器がプレイヤーへのレンタル中である場合には、プレイヤーからの返却後にオーナーに当該本楽器を返却するものとし、その旨を当社よりご連絡いたします。
  2. 当社は、オーナーに対して本楽器の返送をする場合

    ①個人オーナーには、オーナー自らの負担をもって指定する宛先へ返送します。
    ②企業オーナーには、当社と協議の上、負担先を決定するものとする。

  3. 当社は、メンテナンス作業を実施した本楽器をオーナーへ返送する場合、当該本楽器の受領時状態への原状回復は実施せず、当該メンテナンス作業を実施した箇所や部材を添付返却し、当該本楽器が使用できる状態で引き渡すものとします。なお、一部返却できない部材等については、当社が責任をもって破棄します。

第14条(本楽器の補償)

  1. 本楽器が、オーナーからの貸与開始時に回復できない状態(盗難・紛失、著しい汚損や匂いの付着等よる劣化または破損等その他当社がメンテナンスできない状態等をいう)と当社が判断した場合、当社は、オーナーに対して本楽器の販売価格相当金額を補償として支払うものとします。但し、劣化状態が通常の使用に伴う微細な汚れや傷であると当社が判断した場合、当該補償の限りではない。
  2. 本楽器の販売価格相当金額とは、当該本楽器の最新の新品または中古市場価格を比較し、安価な一方を基に算定した当社独自の金額とします。
  3. 前項までにかかわらず、本楽器の補償は、当社が加入する保険適用額を上限とした金額を当社からオーナーへ支払うものとします。

第15条(免責事項)

天災地変、法令の制定・改廃、公権力による命令・処分、輸送機関の事故、伝染病、戦争その他の不可効力により本楽器の盗難や劣化状態が生じた場合、当社はその責を免れるものとします。

<第3章 総則>

第16条(禁止事項)

  1. オーナーは、JAM²の利用にあたり、次の各号に定める事項(以下「禁止事項」という)を行ってはならない。
    ①法令または公序良俗に反する行為
    ②本規約に反する行為
    ③第三者になりすましたJAM²の利用
    ④オーナー情報登録時の虚偽申請
    ⑤当社または第三者の著作権その他の権利の侵害
    ⑥JAM²(JAM²にかかるプログラム並びにソフトウェアを含む)の全部または一部の複製・改変・リバースエンジニアリング・逆コンパイル及び逆アセンブル
    ⑦JAM²を経由した当社及び第三者が使用するコンピュータ・システム等への不正アクセス・クラッキング又はアタック
    ⑧その他当社が不適当、不適切と判断する行為
  2. 当社は、前項各号に違反したオーナーを発見した場合、何らの通知もしくは催告をすることなく、本サービスの全部を停止します。なお、当社は、当該停止により当該オーナーが被った損害に対し、一切の責任を負わないものとし、また当社は、当該オーナーに対して、JAM²の全部もしくは一部を停止した理由を説明する義務を負わないものとします。
  3. 当社は、第1項各号に違反したオーナーによって当社が損害を被った場合、当該オーナーに対して当該損害を請求します。

第17条(反社会的勢力の排除)

  1. オーナーは、次の各号に定める事項を現在及び将来にわたって表明し、保証するものとします。

    暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、団体またはその関係者、総会屋等、特殊知能暴力集団等およびこれらに準ずる者(公序良俗に反する団体の関係先を含む。)
    集団的または常習的に暴力的行為等を行うことを助長する虞のある団体およびこれに属している者ならびにこれらの者と取引のある者
    ③脅迫的な言動(自己又はその関係者が前項に定める者である旨を伝えることを含みますが、これに限りません。)をし、または暴力を用いる行為を行う者

    ④風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為を行う者
    無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律に基づき処分を受けた団体およびこれに属している者ならびにこれらの者と取引のある者
    ⑥組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律に定める犯罪収益等隠匿及び犯罪収益等収受を行いまたは行っている疑いのある者およびこれらの者と取引のある者

  2. オーナーが前項に定める表明事項のいずれかの事項に違反することが判明した場合、何らの催告を要することなく、当社は、オーナーとの各種取引(本楽器のお預かり等)を中止します。
  3. 当社は、前項の規定により各種取引を中止した場合、かかる中止によってオーナーに生じた損害、損失及び費用を補償する責任を負いません。

第18条(損害賠償)

  1. 当社及びオーナーは、本規約に関して自己の責に帰すべき事由により相手方が損害を被った場合、これを賠償するものとします。
  2. 前項にかかわらず、当社が本規約に基づきオーナーに負担すべき損害賠償の金額は、第14条に規定する金額を上限とします。
  3. 当社は、JAM²の利用によりオーナーに生じる損害、損失、不利益については、その理由の如何によらず、本条に定める以外の責任を負わないものとする。

第19条(権利の譲渡)

  1. 当社及びオーナーは、相手方より事前の書面による承諾を得ることなく、本規約の当事者たる地位ならびに本規約に基づく権利及び義務を第三者に譲渡、移転、担保設定またはその他の処分をしてはならないものとします。
  2. 前項にかかわらず、当社は、JAM²にかかる事業の全部または一部をその他の第三者に譲渡する場合、当社は、オーナーに公表または通知することにより、本規約上の当社の地位を当該第三者に譲渡することができ、オーナーは予めこれに同意するものとします。

第20条(準拠法)

本規約は、日本法に基づき解釈されるものとします。

第21条(協議・合意管轄)

本規約の解釈に疑義が生じた事項または本規約に定めのない事項について、当社オーナー両者誠意をもって協議の上、その解決を図るものとします。万一、当該協議においても解決に至らない場合には、本規約に関し、当社とオーナー間で裁判上の紛争が生じるときは、当社所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とする。

<第4章 個人オーナー用規約>

以下、オーナーは個人をいいます。

第22条(未成年者等の取扱い)

  1. 未成年者、成年被後見人、被補佐人または被補助人(以下、総称して「未成年者等」という。)がオーナーになる場合、JAM²を利用する一切の事項及び本規約につき、親権者等の法定代理人の同意を得た上で行うものとし、親権者等の法定代理人の同意があったものとみなします。
  2. オーナーが未成年者等であり、親権者等の法定代理人の同意があると偽った場合など法定代理人の同意を得ていないことが発覚した場合には、JAM²の利用に関して拒否、または当該会員の利用を制限することがあります。
  3. 本規約の同意時に未成年であっても、JAM²の利用時に成年に達した場合、当該オーナーにおいてJAM²に関する一切の法律行為は追認されたものとみなします。
  4. 前項までにかかわらず、オーナーが未成年者等であり、親権者等の法定代理人からJAM²の中止、本楽器の即時返還等の各種要請が当社にあった場合、当社は当該要請に対して速やかに対応し、当該代理人と協議の上、当該オーナーの処遇を決定するものとします。

第23条(即時停止・強制退会)

  1. 当社は、オーナーが次の号に該当すると当社が認めたときは、オーナーに対して、事前の通知・催告なくJAM²のオーナー登録を解除し、当該オーナーを強制退会処分とすることができる。
    ①第6条第5項の表明保証に違反する本楽器を当社へ提供したとき
  2. 前項のいずれかに該当するオーナーと当社が判断したときは、当社は速やかに当該オーナーへ当社が預かっている本楽器を返却するものとする。但し、本楽器のレンタル実績の有無にかかわらず、本楽器のレンタル使用料は支払わないものとし、強制退会によって当該オーナーが被った損害を当社は補償しないものとします。

<第5章 法人オーナー用規約>

以下、オーナーは法人をいいます。

第24条(目的)

  1. オーナーは、本規約を遵守し、当社が用意する別紙「オーナー様用ご利用説明書」に同意することによって、当社との取引契約(以下「取引契約」という。)の締結とみなします。
  2. オーナーは、自らが所有する商品またはサービス(以下「本商品等」という。)を当社へ提供する。乙は、JAM²に本商品等を利用できるよう対応する。
  3. 提供する/を受ける本商品等は、当社オーナー協議の上決定し、別紙「JAM²楽器明細書」(以下「個別契約」という。)に定める。

第25条(オーナーの役割)

  1. JAM²において、オーナーの役割は次のとおりとする。
    JAM²へ掲載するオーナーの社名またはブランドロゴ、本商品等の写真などの素材の提供(以下「提供素材」という。)
    ②本商品等の詳細情報(メーカー名、モデル、シリアルナンバー等)の提供
    ③本商品等の保管
    ④本商品等をプレイヤーへの発送作業/プレイヤーからの返却受取作業
    ⑤本商品等の発送前・返却受取後のメンテナンス及びセットアップ作業
    ⑥返却受取後の当社への前号の作業完了報告
    ⑦本商品等の販売価格の設定
    ⑧当社に対する楽器の保管及び配送依頼
    ⑨その他当社と協議した事項
  2. プレイヤーへの配送は、当社より依頼がある場合に行い、当社より提供されたプレイヤー住所へ行うものとする。なお、配送費用はオーナーが立て替えた後に、当社へ当該立替に要した費用を請求する。
  3. 本商品等のメンテナンス及びセットアップは、オーナーの責任と負担で行う。
  4. 本商品等の取り付け機器の不安定化など本商品等の音質またはプレイヤーの安全に関わる問題がある場合は、当社へ当該問題を速やかに連絡する。

第26条(当社の役割)

  1. JAM²において、当社の役割は次のとおりとする。
    ①提供素材をJAM²への掲載
    ②オーナーに対してプレイヤーへ本商品等の配送依頼
    ③プレイヤーとの問い合わせ対応
    ④オーナーより依頼がある場合の本楽器の保管及び配送対応
    ⑤その他オーナーと協議した事項
  2. 当社がオーナーより本楽器を預かる場合は、第14条に則り本楽器を管理する。
  3. JAM²にて本商品等のレンタル可否が、プレイヤーがわかるように適宜行う。具体的には、プレイヤーによりレンタルされた本商品等はJAM²内で「貸出中」とわかるように表記する。
  4. プレイヤーによる入金(一括・分割を問わない。)をもって、本商品等のレンタル成立もしくは販売成立とし、その旨をオーナーへ速やかに行う。
  5. 本商品等の配送依頼の際には、当社からオーナーへ要望があった本商品等の情報、プレイヤー住所などを配送業務に必要な情報を提供する。
  6. 本商品等に関してプレイヤーより問い合わせ・質問がある場合は、一時受け対応を行い、受け付けた内容は、オーナーより要望がある場合には別途メールまたは書面にて報告する。
  7. 本商品等のレンタル中に当該本商品等に汚損や破損等のクレームが申し立てられた場合は、速やかにオーナーへ連絡する。当該クレームの原因となった汚損や破損等に修理にかかった費用は、当社が加入する保険適用額を上限として負担するものとする。なお、修理できない場合には、当社が加入する保険適用額を上限として金銭補償するものとする。

第27条(対 価)

  1. 当社は、本商品等のレンタルまたは本商品等の販売の対価として個別契約の定めに従い、相当額をオーナーに支払うものとする。なお、当該書面の送付方法は郵送、電子メール等を問わない。
  2. 当社は、前項に基づき、次に定めるオーナーの銀行口座へ振込送金することにより、請求書受領の翌々月5営業日までにオーナーに支払うものとする。

第28条(オーナーによる保証)

  1. オーナーは、当社へ無償にて提供する提供素材に関し、次のとおり保証する。
    ①提供素材を当社がJAM²掲載等に使用することについて、オーナーが正当な権利を有していること。
    ②提供素材に関し、オーナー以外に著作者等の権利者(以下「本権利者」という。)が存在する場合は、当社が提供素材を利用するためにオーナーが必要な権利について本権利者の許諾を得ていること。
    ③本権利者との契約に基づき提供素材の利用について何らかの条件(©表示等)がある場合は、その条件を当社に伝えること。
    ④提供素材及び当社による提供素材の利用が、第三者(本権利者を含む)の著作権、商標権、肖像権その他の知的財産権を侵害するものではないこと。
    ⑤その他オーナー当社間で合意した条件を満たしていること。
  2. 第三者(本権利者を含む)から、提供素材の使用について何らかの異議が申し立てられた場合は、両社が協力してこれに対処し、解決するものとする。なお、解決に要した負担は別途協議の上、決定する。

第29条(秘密保持)

  1. 当社及びオーナーは、個別契約を通じて相手方から開示された情報(以下「秘密情報」という。)を秘密に保持し、相手方から事前に電子メール(電磁的方法を含む。)または書面(以下「事前通知」という。)による承諾を得ることなく、第三者に開示・漏洩してはならない。但し、以下の各号に該当する情報については、秘密情報に含まれないものとする。
    ①相手方から受領した際、既に自ら所有していた情報
    ②相手方から受領した際、既に公知または公用であった情報
    ③相手方から受領した後、自己の責によらず公知または公用となった情報
    ④正当な権限を有する第三者から、秘密保持義務を負うことなく合法的に入手した情報
    ⑤相手方の秘密情報によらずに独自に開発した情報
  2. 前項の規定にかかわらず、当社及びオーナーは、個別契約にかかる業務の全部または一部を再委託する第三者に対して、必要な範囲で甲の秘密情報を開示することができる。この場合、当社またはオーナーは、当該第三者に対して自己が前項において負うのと同等の義務を課すとともに、相手方に対してその責任を負うものとする。
  3. 本条の秘密保持義務は、秘密情報にかかる個別契約終了後もその効力を継続するものとする。

第30条(当事者間の関係)

  1. 当社及びオーナーは、プレスリリース、記者発表、広告及び記事掲載その他の対外的告知等を行う際には、事前通知により相手方の承諾を得るものとする。
  2. 当社及びオーナーは、相手方の商標、ロゴ、サービスマークまたはその他の商標を、自己の広告、標識、販促資料等に使用する場合は、事前通知により相手方の承諾を得るものとする。

第31条(事務所への立入)

  1. 当社及びオーナーは、次の各号のいずれかに該当する場合、事前通知により相手方から承諾を得たうえで、相手方の営業時間内に限り、相手方の事務所に立ち入り、情報管理体制及びその資料の提示を要求するなどの調査ができるものとする。
    ①相手方において情報漏洩等の事故が発生した場合、または発生するおそれがあると合理的に判断できる場合
    ②両社で合意した場合
  2. 当社及びオーナーは、前項の調査の結果、情報管理体制が不十分であると合理的に判断した場合には、相手方に対しその改善を要請することができ、要請を受けた当事者は、合理的な理由がある場合を除き、可能な限りこれに従わなければならないものとする。

第32条(解除)

  1. 当社又はオーナーが次の各号の一に該当したときは、その相手方は催促その他何らの手続を要することなく、直ちに取引契約及び個別契約の全部または一部を解除することができる。
    ①本契約又は個別契約に違反し、相手方より相当な期間を定めて書面でその是正を催告されたにもかかわらず、当該期間内に是正しないとき
    ②手形、小切手を不渡りとし、または支払停止となったとき
    ③監督官庁より営業許可の取り消し、停止などの処分を受けたとき
    ④第三者より仮差押、仮処分、差押、強制執行若しくは競売の申立または公租公課の滞納処分をうけたとき
    ⑤破産手続、特別清算、民事再生手続き、会社更生手続若しくはその他の法的債務整理手続の申立があったとき、または信用状態に重大な不安が生じたとき
    ⑥解散、合併、減資、事業の全部または重要な一部の譲渡等の決議をしたとき
    ⑦重大な違法行為又は反社会的行為を行ったとき
    ⑧前各号の一が発生するおそれがあるとき
  2. 前各号の一に該当した当事者は、相手方から何らの通知、催告等を要せず、当然に、本契約に基づく一切の債務につき、期限の利益を失い、直ちに残債務のすべてを履行するものとする。

2020年07月28日制定
2020年11月07日改定
2021年1月17日改定