アコースティックギターを始める時に後悔したこと【ギターレンタルでまずは始めてみよう!】

こんにちは!
ギターレンタルサービスJAM²です!

突然ですが、皆さんはいつギターを始めましたか?
これから挑戦したい!と思っている方も大勢いらっしゃるかと思います。

そこで今回は、私自身が経験した「アコースティックギターを始める時に後悔したこと」を実際のエピソードを交えてご紹介したいと思います!

アコースティックギターを始めたきっかけ

私は高校一年生の時にギターを始めました!
正確に言うとアコースティックギターです。

当時、ゆずのベストアルバムにハマり、たまらなく弾き語りをしたくなったことがきっかけです。

最近はあいみょんをコピーしたくてギターを始めたという方の声をよく耳にします!弾き語り最高ですね!

私が初めて手にしたアコースティックギターは、家の襖の中で封印?されていた親父のお古になります。同じような境遇の方、いるんじゃないでしょうか?(笑)

他のアコースティックギターに触れたことがなかった私。当然親父のアコースティックギターしか知りません。アコースティックギターは『このようなもの』なのだという認識のもと、練習を始めました。

その後、順調かと思いきや・・・

しかし、今思うと上達に大変苦労しました。
もう一度言います。

『上達に大変苦労しました。』

同じような苦労を味わってほしくない。
このような思いから今回は筆を進めております!

具体的に何が上達の妨げになっていたのか?
シンプルに一言!

『ネックが反っていたんです!』

親父のアコースティックギターは弦が長い年月の間、張りっぱなしになっていました。それも太めの弦が張りっぱなしだったため、弦の張力に引っ張られ、ギターの持ち手部分であるネックが反ってしまったのです。

ネックが反ってしまうと、ギターのサウンドホールに近づけば近づくほど、弦と弦を押さえる指板の距離が長くなってしまいます。

そうです!弦を押さえるために余計な力を必要とする『良くない状態のギターを』当たり前のものとして、私は練習していたのです。

コードを押さえる基礎的な練習から始めた私は、コードを押さえるために余計な力を使っていたのです。上達に時間がかかってしまったのは言うまでもありません。

このアコースティックギターは大学生になった時にお茶の水の楽器屋にてリペア(ブリッジを削って弦高を下げていただき、反ったネックをまっすぐに調整)していただきました。

もはや別物です。アコースティックギターってこんなに弾きやすい楽器だったのかと、まさに目から鱗の瞬間でした…。

皆さんにお伝えしたいこと

それは…

メンテナンスされたギターで練習しましょう!

ただそれだけです。

家に封印されていたギターで練習を始める際には、必ず楽器屋さんに持っていってください!

楽器屋さんでギターを購入する際には、必ず最終調整をしてもらってください!

メンテナンスには長くて一週間程の期間を要するかもしれませんが、その後の上達はめちゃくちゃ早くなります!

そうは言ってもアコースティックギターってどんなのを買えばいいかわからないよ。と言う方や、安いギターは買いたくないけど、高いギターは続くかわからないから結局買えないよ。という方も少ないかと思います。

そこでギターレンタルという選択肢をご提案します!

アコースティックギターをレンタルできるJAM²

ギターレンタルサービスJAM²ではYAMAHAをはじめ、Martinまで幅広くアコースティックギターをラインナップしています。

全てのアコースティックギターはJAM²スタッフによりネック調整等、メンテナンスされているため、弾きやすい状態のものをレンタルしていただけます!

レンタルの期間は1ヶ月~
レンタル金額は1ヶ月3,300円(税込)~
非常にリーズナブルな価格設定となっています!

JAM²で色んなアコースティックギターを月替わりで弾いてもよし!様々なアコースティックギターを弾いた上で一生もののアコースティックギターを買ってもよし!

みなさんのアコースティックギターライフのお役に立てたら、これほど嬉しいことはありません!

是非ともJAM²のサイトに遊びに来てください!
https://jam-2.com

それでは今日はこの辺で!